単身赴任の場合に賃貸する物件は小さな物件になるので、引っ越しするときに持っていく荷物は少なめにしましょう。

単身赴任で賃貸物件に引っ越すときの注意点
単身赴任で賃貸物件に引っ越すときの注意点

単身赴任で賃貸物件に引っ越すときの注意点

仕事で、突然、遠方への転勤を命じられたら、家族もちの人は単身赴任をせざるを得ないことも少なくありません。単身赴任をするときは、多くの場合、賃貸物件を借りることになると思います。社宅を準備してくれる会社も中にはありますが、物件は自分で探させて、一定金額の家賃補助が出るだけ、という会社の方が実際には多いようです。

単身赴任の場合に賃貸する物件は、ワンルームマンションや1K,せいぜい1DKくらいの小さな物件になると思います。となると、引っ越しするときに持っていく荷物も、少なめに抑えておく必要があります。少ない荷物でも、運搬距離が長くなると引っ越し費用はかさんでしまいます。マイカーを持って赴任する人であれば、車に積める荷物は車に積んでしまって自分で持っていくというのも良い方法です。

賃貸したアパートやマンションに引っ越す際の荷造りのポイントとしては、持っていく荷物を絞ることと、新居で広げやすいような順番に梱包し、その順番に搬入することです。搬入するときには、荷物を広げて片付けがしやすいように、スペースを確保しながら運び入れることです。荷物を絞ったつもりであっても、狭い部屋の中に段ボールを次々に搬入して手当たり次第に広げてしまうと、あっという間にスペースが足りなくなりがちですので、注意しましょう。

Copyright 2016 単身赴任で賃貸物件に引っ越すときの注意点 All Rights Reserved.